帯広の不動産(一戸建て住宅・中古戸建住宅・土地)なら帯広ドットコムへ

受付時間/am9:00~pm7:00(年中無休)
0155-27-6577

よもや話|有限会社帯広ドットコム blog02

  • HOME
  • >
  • よもや話
  • >
  • ベトナムの不動産事業 いよいよ。。。 :: よもや話

ベトナムの不動産事業 いよいよ。。。 :: よもや話

ベトナム・ハノイでの新築の賃貸アパート建設に向けて、準備しております。

ベトナムでの賃貸アパートの所有。外国人保有比率というものがあって、ベトナム住宅法の建設省政令によると、その数字は30%。つまり、10部屋のアパートを建設した場合、3部屋しか、我々外国人の保有が認められていません。今年の7月までは全く所有できなかったので、大きな法律の改定でしたが、少し制限が厳しいような気もします。 外国人の所有は50年までだが、さらに50年の延長が可能という感じになっています。

今計画しているのは、ワンルーム10部屋のアパートになります。

物件の所有は、設立している現地法人?ドットコムベトナム?名義で、10部屋持つことを考えております。この会社は、現地のスタッフを社長にしております。株も持たせており、形の上では100%ベトナム人によるベトナムの会社ということになります。よって、30%の制限を受けずに物件の取得ができることになります。この会社を使って、日本マネーを賃貸マンションの購入資金に当て、運用利回りを出して、還元していくというビジネスをしていきます。

明日、土地を買いに(正確に言うと社会主義国ですので、土地の使用権を買いに)ハノイに行って参ります。

現地のスタッフが、ハノイに出来た?イオン?近郊に、めぼしい土地4箇所のあたりを付けております。

今回の事業で我々と一緒に投資する賃貸オーナーが2日早く現地に行っております。

?1棟目は少々失敗してもいい?という合意のもと計画を進めてみようと思っております。色々調べて検討することも必要です。が、今回は、失敗するノウハウを得られればよしというノリで、スピーディーにことを進めるが吉という判断になりました。

ブログで問題点や、日本よりも良い点など、お伝えするもの、私の仕事かなぁと思っております。

人口が徐々に減り、新しい賃貸物件が増えていく帯広から、少し目先を変えて、人口が増えて、あたしい物件が少ないハノイに、投資する。。。どうでしょうか。。

案外当たるかも。。。なんて安易な発想のもと、50歳が見えてきた40代、後半戦の挑戦が始まります。

  • 2015年11月20日(金)
  •  |  よもや話 ブログ